SDメモリーカード

SDメモリーカード

SDメモリーカード(エスディーメモリーカード、SD Memory Card)は、フラッシュメモリに属するメモリーカードである。
SDカードとも呼ばれる。
デジタルカメラ、携帯電話などの携帯機器やテレビなどの家電機器まで幅広く利用されている。

SD規格

SD規格

SDメモリーカードは、1999年8月25日に松下電器産業(現パナソニック)、サンディスク、東芝による共同開発規格として発表され、2000年1月7日には関連団体であるSDカードアソシエーション(SD Card Association, SDA)が設立された。
松下電器産業が提唱したAV著作権保護を搭載した新メモリーカードに、かつてコンパクトフラッシュ陣営の雄だったサンディスクと、スマートメディア陣営の雄だった東芝が手を組んだ形となっている。 SD規格のロゴは1990年代前半に東芝が開発し、ソニー・フィリップス陣営の対抗規格に競り勝つ形でDVDの原型となった光ディスク「Super Density Disc」のために製作されたものの転用のため、ロゴ内の「D」は光ディスクを図案化した印象が色濃くなっている。
なお「SD」は「Secure Digital」の略とされることがあるが、これは公式な表明ではない。
2006年1月に米国の「2006 International CES」において、SDメモリーカードの規格限界容量である最大32GBを規定したSDHCカードが発表、発売された。更にこれを受け、2009年1月にはSDカードの規格策定団体であるSDカードアソシエーションにおいて、64GB以上の記憶容量に対応する規格としてSDXCカードという新規格の仕様を策定した。2009年3月頃に64GB仕様のカードを発表する予定。規格に関してはファイルシステムにexFATを採用することで記憶容量を最大で2TB(2048GB)、データ転送速度は300MB/sまで拡張する予定となっている。
製品に対応スロットが用意されていても、SDメモリーカードの容量や製品と、相性問題の関係で使用できない場合がある。そのため、購入の際には動作が確認できているSDメモリーカードを製品のホームページなどで確認しておくとよい。
SDカードは、全て著作権保護規格CPRMにも対応している。SDメモリーカードの著作権保護機能(CPRM機能)を使って、携帯電話における着うた、着うたフル、ワンセグ放送の録画再生などに広く使われている。CPRM機能に加えて、参照不可能な著作権情報管理用領域が設けられており、メディアとして実際に使用できる容量とは若干の差分が存在する。

SDメモリーカード

SDメモリーカード

SDメモリーカードはマルチメディアカード(MMC)に近い形状を持っており、SDメモリーカード用スロットは物理的にMMCも挿入可能な上位互換を持つ。そのため、SDメモリーカードを使用している機器では、マルチメディアカードも利用できることが多い。
一般的に市販されているSDメモリーカードの最大容量は2GBである。 これは、SDメモリーカードでの事実上の標準的なファイルフォーマットとしてFAT16が用いられ、その規格上の最大ボリュームサイズが2GBに制約されているためである。
2GBを越える製品もあるが、SDメモリーカード規格外なので使用できる製品がごく一部に限られている。
SDメモリーカードは、扱いやすい大きさや形状、側面の誤消去防止用のプロテクトスイッチ、SD Music Initiative (Secure Digital Music Initiative, SDMI)準拠の著作権保護機能など、家電などにおける幅広い用途を直接意識した機能が特徴である。これはソニーなどが推進するメモリースティック(1997年7月17日発表)と直接競合するものだった。

▲Page Top

無料のレンタルサーバー fizby.net