SDHCメモリーカード

SDHCメモリーカード

旧来のSDメモリーカードはFAT32に未対応で、規格上の最大容量は2GBとなっていた。しかし、デジタルカメラの高画素化や動画撮影機能の充実によってデータの大容量化が進行、ストレージの上限が2GBでは十分でない状況も発生し始めた。そこで2006年にSDメモリーカードをFAT32に対応させると同時に、動画撮影などに対応するために最低保証転送速度を規定したクラス分けを行ったSDHC(SD High Capacity)という仕様が策定された
物理的な寸法はSDメモリーカードと同一で、上位互換性を保持しているため、SDHC対応機器でSDメモリーカードを扱うことができる。逆に下位互換性は存在しないため、旧来のSD対応機器でSDHCメモリーカードを扱うことはできない。ただし近年に発売されているデジタルカメラ、メモリーカードリーダー、パソコンであればファームウェアのアップデートによってSDHCメモリーカードに対応可能となる機器も多く存在する。詳しくは各製造メーカーの公式サイトなどを参照されたい。
転送速度は、最大で48Mbpsの高速な最低保証転送を可能としており、プロフェッショナルユースのビデオカメラ、デジタルカメラなどにも対応できるとされている。また、HDデジタルビデオカメラ用の規格としてAVCHDが策定されており、これをSDHCで保存するための仕様も策定されている。

SDスピードクラスの種類

SDスピードクラスの種類

SDHCカードの規格策定と同時に、データ転送速度の目安として「SDスピードクラス」が定められている。統一された基準を元にこのスピードクラスのロゴを明示することで、消費者がその用途にあったスピードクラスのカードを選択可能にするとしている。
SDカードではオプション扱いだが、SDHCカードではスピードクラスの規格に準拠することが義務付けられている。




定められた単位の未使用領域(=汚れ率0%のAU)に定められた記録方法で書き込みを行ったとき
Class 2 のカード : 2MB/s(16Mbps)以上の速度を保証
Class 4 のカード : 4MB/s(32Mbps)以上の速度を保証
Class 6 のカード : 6MB/s(48Mbps)以上の速度を保証

SDHCメモリーカード

SDHCメモリーカード

メモリ容量 2006年06月〜 4GB
2006年11月〜 8GB
2007年10月〜 16GB
2008年01月〜 32GB
2008年08月〜 6GB[4]
2008年09月〜 12GB[4]

▲Page Top

無料のレンタルサーバー fizby.net